「目を使えば使うほどよくなる方法とは?」
14日間で視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"が人気です

トップページ >040 眼鏡について> 眼鏡フレームも凝ってみよう

眼鏡フレームも凝ってみよう

眼鏡選びで大切なのはレンズだけでは
ありません。

レンズ以上に選択の幅が大きいフレーム
上手に選べば、自分が望んだ通りの印象を
周囲に与えることができます。

知的に見せたい、オシャレに見せたい、
若く見せたい、落ちついているように見せ
たい、個性的に見せたいなどなど。

こういったことをあらかじめ決めておくと
眼鏡屋さんで相談しやすいですよね。


眼鏡フレームの形だけでなく、材質にも
こだわるのも大切です。

眼鏡のフレームは、金属で出来ているメタル
フレーム
とプラスチックで出来ているセル
フレーム
に分けられます。

メタルフレームには
・チタン→軽量で熱に強い。加工が難しい。
・形状記憶→軽量で多少曲げても元通りの
 形に戻る。加工が非常に難しい。

セルフレームには
・アセテート→燃えにくい。水分を吸収しや
 すく変形しやすい。セルフレームのほとんど
 がこのアセテート。
・超弾性樹脂→曲げに強くずれにくい。スポーツ
 向き。

などがあります。

どちらかというとメタルフレームはモダンな
イメージ、セルフレームはスタリッシュな
イメージを持っています。


見た目も重要ですが、矯正器具としてのかけ
ごこちも眼鏡フレームを選ぶうえで重要な
ポイントになりますよね。

いくらオシャレであっても、かけていて
頭が痛くなったり、見づらかったりでは
意味がありません。

イメージと材質とかけごこち、すべてが
そろっている眼鏡フレームを探しだすのは
非常に難しいかもしれません。

自分が本当にほしい物を手に入れるまで
探すのもよいですが、たとえばお出かけ用と
勉強用、作業用といったようにシーンに
合わせて買い揃えるというのも良いかも
しれませんね。



「1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~」本当なの?

Posted by gswin : 23:55 | Page Top ▲