「目を使えば使うほどよくなる方法とは?」
14日間で視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"が人気です

トップページ >040 眼鏡について> 眼鏡レンズの選び方

眼鏡レンズの選び方

間違った眼鏡レンズの選び方をしてしま
うと、後々後悔してしまうことも。

安いからといって自分の目にあわない
レンズを買ってしまうと、眼鏡をかける
ことが苦痛になり結局新しくレンズを買う
ことになるかもしれません。

自分にあったものを選び、かけていても
違和感が無いめがねを作りましょう。


眼鏡レンズには、プラスチックレンズと
ガラスレンズの2種類があります。

どちらもメリットもあればデメリットも
あるので、それぞれの特徴を理解し自分に
あったものを選びましょう。

プラスチックレンズ

メリット→割れにくく軽い
デメリット→傷が付きやすい

以前は度の強いプラスチックレンズは
必然的に厚くなってしまいましたが、最近
では技術の進歩でかなり薄くなってきています。

表面の傷は、防止処理を施せばある程度
防ぐことができます。


ガラスレンズ

メリット→傷つきにくい。度が強くても薄い。
デメリット→重い。割れやすい。色つきが無い。


ちなみに、眼鏡をかけている9割の人が
プラスチックのレンズを使用しているそうです。


視力が極端に低く、強度の視力矯正が必要な
場合はガラス、そうでない方はプラスチック
といった選び方でよいと思います。




「1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~」本当なの?

Posted by gswin : 21:11 | Page Top ▲